【2021年8月最新版】きゅうりが高い理由は?安い時期や代替えレシピも紹介

天候(台風、長雨、水不足、大雪など)によって育ちや収穫量に大きく影響を及ぼす野菜。今回はきゅうりの値段についてお届けします。

  • なぜ高いのか?
  • いつ安いのか?
  • きゅうりに代わる野菜

きゅうり2021年8月の値段と価格推移

きゅうり1本の値段ですが、2021年8月1日~8月17日までは約40円でしたが、8月18日に1本72円1.7倍と高騰しています。引用:おねだんノートより

全国のスーパーでも高騰ぶりがすごいことが、下記ニュースから分かります。

東京・台東区のスーパー「PB FARM 佐竹店」では、キュウリ2本が198円(税抜)で売られていた。 前週は1本33円で売られており、約3倍の価格となっている。

 

東京中央卸市場では、キュウリの卸価格は8月10日で1キロ143円だったが、10日後の20日には499円と、3倍以上に値上がりしている。

引用:Yahoo!ニュース

「一番上がっているのはキュウリですね。今日から3本入り398円(税抜)になっているんですけど、先週までは3本入りで98円から128円の価格でした」熊本市南区のスーパーストアダイノブ城南店ではキュウリの価格が先週の4倍以上に。

引用:FNNプライムオンライン

【2021年8月】きゅうりが高い理由は?

きゅうりがなぜ高いのか!?

一般的に、天候によりなどの理由で収穫量が減少している場合などにきゅうりの値段は高騰します。

2021年の8月は日本列島の広域に長雨と豪雨が発生。全国で続く長雨の影響できゅうりの育ちに影響したほか、中国・四国地方からの野菜の輸送が止まっていてたり、野菜売り場自体も品薄になってしまっていることが、きゅうりの値段が高騰した原因だそうです。

特に8月のお盆の時期に雨がずっと降っていたので、ハウスに水が溜まり収穫に影響を及ぼし、長雨の影響はキュウリの栄養不足となって売り物にならないそうです。

きゅうりの値段高騰はいつまで続く?

雨の影響による野菜の急激な値上がりは一時的なものと言われていますが、きゅうりの値段高騰は2~3週間は続くとみられているため、2021年9月上旬から中旬まで続くと見られています。

また植え付け時期が過ぎているため、価格の高止まりは数か月から半年単位で起こる可能性もあると懸念されています。

2021年8月高騰している野菜

下記は、きゅうりの他にも高騰している野菜の一覧です。

  • ナス
  • トマト

ナスは8月10日時点で277円 → 8月20日では389円

トマトは8月10日時点で232円 → 8月20日では389円
引用:Yahoo!ニュース

きゅうりが安い時期と旬はいつ?

きゅうりの値段が安い時期は、きゅうりの旬・収穫時期(7月~11月)とされています。

きゅうりは全生産量のうち6割がビニールハウスなどの施設で栽培されているため、1年を通して出荷されています。 夏の露地栽培以外は施設のものがほとんどです。

主な産地は

  • 春・秋:群馬、埼玉、千葉などの近県
  •  冬 :高知、宮崎などの南国県

きゅうりが高くて買えない時の代替えレシピ

きゅうりが高くて買えない時には、天候にほとんど左右されない、工場生産のキノコやもやしを使った料理がおすすめです。

次に紹介するのはきゅうりが買えなくても、代替野菜を使って作れる料理です。お試ししてみてください。

 

冷やし中華

  • 水菜
  • オクラ
  • レタス
  • キャベツ
  • もやし
  • 青菜野菜
  • 大根
  • スプラウト
  • さやえんどう等

酢の物

  • もやし
  • わかめ
  • オクラ
  • 長芋
  • えのき
  • トマト
  • レンコン
  • ズッキーニ
  • 子メロン
  • しろうり等

ポテトサラダ

  • アスパラガス
  • 枝豆
  • パプリカ等

春雨サラダ

  • 水菜
  • おかひじき
  • エホバク(韓国かぼちゃ)等

マカロニサラダ

  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • スナップエンドウ等

さいごに

2021年8月のきゅうりの値段高騰について見てきました。

今年の夏は全国的に大雨が多く日照不足などによって、野菜の育ちに大きな影響をもたらしていました。また災害レベルの雨が続いたことも、流通に影響があり値段高騰の原因にもなっていました。

きゅうりの高騰が落ち着くまでは代替レシピなどを参考に、きゅうりに代わる野菜を見つけてほしいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です