貴源治の家族(父母兄弟)は?出身中学高校と本名四股名の由来について

十両・貴源治(常盤山)をご存知ですか?どんな力士なのか気になりました。

今回は貴源治の家族や出身校、名前などを調べていきます!

貴源治(たかげんじ)の本名や四股名の由来は?

四股名 貴源治 賢士(たかげんじ さとし)
本名 上山 賢(かみやま さとし)

改名歴

  • 貴源治 賢(たかげんじ さとし)2013年3月場所 ~ 2020年9月場所
  • 貴源治 賢士(たかげんじ さとし)2020年11月場所~

貴源治の四股名の由来

貴乃花部屋に入門したことが大きく由来しています。

貴源治の四股名は、師匠の乃花さんと、龍神総宮社(りゅうじんそうぐうしゃ)の設立者、辻本源治さんの名前から四股名をつけられています。

龍神総宮社は貴乃花部屋のタニマチという関係です。

現在の祭主である辻本公俊さん(辻本源次郎さんの長男)が初代祭主である父親の名前から命名したそうです。

ちなみに貴源治の双子の兄・貴公俊も辻本公俊さんが命名しています。

 

  • (弟)貴源治乃花+辻本源治
  • (兄)貴公俊乃花+辻本公俊
MEMO

タニマチとは

相撲界の隠語で、ひいきにしてくれる客、または後援してくれる人、無償スポンサーのこと

貴源治の家族(父母兄弟)は?

貴源治の家族構成は、父(日本人)、母(フィリピン人)、一卵性双生児、双子の兄の4人です

貴源治はハーフなんですね。

お父さんは酒癖が悪く、経済的にはかなり厳しいかったようです。

幼い頃は相撲ではなく、空手キックボクシング、中学に入ってからはバスケットボールに打ち込み、運動神経抜群でスカウトがくるほどだったそうです。詳しくは次で紹介していきます。

貴源治の出身中学高校はどこ?

貴源治は栃木県小山市で生まれ、茨城県猿島郡境町で育ちますが、大相撲入門時に公称出身地を次のように変更しています。

茨城県 → 栃木県

変更した理由は、
生まれた場所と父親の出身地が栃木県だったためだそうです。

出身中学

貴源治の出身中学は、茨城県猿島郡境町にある境町立境第一中学校です。

中学からバスケットに打ち込み、茨城県選抜の主力選手として全国3位にまでなっています。

そのため、全国のバスケットボールの強豪高校からスカウトがきたそうです。

  • 延岡学園高等学校
  • 土浦日本大学高等学校
  • 福岡第一高等学校など

しかし、経済的に厳しい家庭に育った貴源治は、バスケットボールでは食っていけないと、両親の勧めもあって、相撲未経験ながらも貴乃花部屋に双子の兄と一緒に入門しました

貴源治は入門の動機

「バスケでは金にならない。体を使うことが好きだったので、体を使って親孝行したかった」

背景には、父親が酒乱でバスケの大会前に暴れまくる、いわゆる酒乱・・高校は行きたくてもお金が無く、行ける状況では無かったそうです。

中学3年生の8月に貴乃花部屋に体験入門の経験があった貴源治は

  • 当時貴乃花部屋に関取がいなかったこと
  • 父親から双子の兄と一緒に小学4年生の頃から相撲を取るように勧められていた
  • 父から「貴乃花親方を助けてやれ」と後押しされた

これらを理由に、相撲界への道へと進まれました。

兄弟そろって中学を出て入門とは、若花田・貴花田の涙の入門を思い出すのは私だけでしょうか・・

出身高校

貴源治は中学卒業と同時に貴乃花部屋に入門しているため、高校には進学していません。最終学歴は中卒になります。

さいごに

貴源治はの家族や名前の由来、出身などをみてきましたがいかがだったでしょうか?

酒癖悪い父親のため、食べていくためにと相撲界へ進んだ貴源治の活躍に注目です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です